自分のキャパシティを知って作業計画を立てる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ども、のりまきです。今回は自分がアフィリエイト作業をどれくらいの効率でできて、どれくらいの時間を使えるのかを把握して作業計画を立てましょう。というお話です。

作業計画を立てるには稼ぎたい目標額から算出する方法があります。この点に関しては以前の記事で書いておきましたので、興味のある方はぜひご覧ください。

>> 目標額を設定して作業量を決める

今回はそれに合わせて自分の処理能力と使える時間との兼ね合いで作業計画を設定する方法についてのお話です。

ではいきます。

自分の処理能力を知る

昔の偉い人がこんなことを言っていたそうです。

彼を知り己を知れば百戦殆うからず。彼を知らずして己を知るは一勝一負す。彼を知らず己を知らざれば戦う毎に殆うし。

 
引用:Wikiより引用

まあ、とにかく敵と自分を知りましょうって話です。この記事で問題にする「敵」というのは「作業量」のことを意味します。

月に10万円を稼ぐ必要があるには80個のサイトを作る必要がある。と以前の記事で書きました。80個という数字はそれなりの計算から出てきた数字なので、数字の詳細を知りたいということであれば、こちらの記事をご覧ください。

>> 目標額を設定して作業量を決める

今回はこれを前提に話を進めていきます。

月収10万円のためにアドセンスサイトを80個作ろうと思うんだけど

ということで、月収10万円を稼ぐためにアドセンスサイトを80個作りましょうとなった場合、どのように計画を立てればよいでしょうか。

1か月で達成したいから1日3個くらいを目途にサイトを作ろう!

と思っても、そりゃ無理だ。というのが分かると思います。僕はせっかちなのでこんな考えになってしまうんですが、さすがに無理ってもんです。

普通に生活していたら、そんな時間なんてありませんて。あったとしても頭がフラフラになるくらいの作業をしないといけないわけで生産性が落ちるんじゃないでしょうかね。

このブログでは外注さんに記事作成を依頼しよう!と言っていますから、やり方によっては不可能ではないだろうとも思いますが、なかなか現実的ではありません。

だったら、どれくらいなら現実的な数字なのか。ということが知りたくなるんですが、そこで先ほど挙げた昔の人の有名な言葉につながってくるわけです。

まずは敵を知ること。

これは80個のサイトを作るということ。これについてはクリアです。

次に自分を知ること。

それには1つのサイトを作るのにどれくらいの時間をかければできるのかを知ればいい訳です。それが分からないようであれば、実際にサイトを1つ作ってみればいいわけですね。

キーワード選定から、タイトル作成、外注記事発注、納品、記事修正といった感じで作業工程を洗い出して、例えば1サイト作るのに3日かかるようであれば80サイト作るのに必要な日数は240日。ということになります。

結構かかりますね。この計算だと8か月くらいでしょうか。1か月ではとても無理ということが分かると思います。ここら辺は自分が使える時間を考えた上で上手く時間配分する必要があります。

多くの人は80個サイトを作りましょうという段階で、えー。となって手が止まります。あるいは計画を立てずにズルズルとサイトを数個作り始めるでしょうか。そして途中で他の手法が気になって別の商材を購入してしまったり。

そんな感じで気が付けばうやむやになってしまう。そうならないように自分に合った計画を立てましょう。

まとめ

とりあえず自分がどれくらいできるかということを把握すること。作業手順を細かく把握すること。そして最後まで続ける事。

やることをやれば結果は出るはずなので、とにかくやることってことでしょうかね。何をやるかってのは、まずは1つ軸となる商材を買ってそれを実践することから始めましょう。

ではでは。
のりまきでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
推奨メルマガ
ハイブリッド外注システムの次のステップはこちら
プロフィール


管理人ののりまきです。

アフィリエイトとツール作成にいそしむアラフォーです。北海道在住で冬でもお風呂上がりはアイスを食べます。

冬はガンガン家の中で暖房を入れています。だから家の中では冬であろうと半袖で過ごしたりします。

そんなアラフォーが外注さんを活用したアドセンスに関する情報などを発信していきます。

よろしくお願いします。
カテゴリー
最近の投稿
Twitter