実際に納品された記事から見るケーススタディ その2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実際に納品された記事について、良い点や悪い点を指摘しながら、Shinobiライティングさんのライターさんにお伝えしたいことをご紹介していきます。

まぶたの乾燥によるかゆみがある場合にワセリンの効果についてお願いした記事のケース

この記事は乾燥によってまぶたが痒いという場合、まぶたにワセリンを塗っても大丈夫なのか(有効かどうか)?という事を知りたくて依頼した記事になります。

実際に納入された記事はこちらです。

冬場や夏にエアコンのきいた部屋にいると乾燥が気になりますよね。
特に皮膚の薄い目の周りはそのままにしておくとシワになりやすいので注意が必要です。

外出先でも手軽にできるお手入れとして、ワセリンがお勧めです。
ワセリンは保湿効果がとても高く、顔や体、全身に使うことができます。

ドラッグストアやコンビニ、スーパーなどで購入することができ、少量タイプもありますので、ひとつバッグの中に入れておくと安心です。

ワセリンはもともと硬いので、塗るときは手に少量を取り、温めてからやさしくのばしてください。

塗りすぎると乾燥を悪化させることになりますので、少量で十分効果が期待できます。

また、まつげを伸ばす効果もありますので、目の周りに塗るときにまつげにも塗ると一石二鳥ですね。

 
読んでいただけるとわかると思いますが、「かゆみ」についての言及がないという記事になっています。

文章そのものはとても読みやすく、ワセリンの効果も書かれているのですが、ワセリンが「かゆみ」に対して有効かどうかという事は書かれていませんでした。

この点が残念な点です。

欲しかった内容が書かれていませんでしたので、実際に記事としては採用できませんでした。

過去にも書きましたが、Shinobiライティングさんに発注した記事については修正依頼が出来ないので、納品されたこの記事については日の目を見ることがないという結果になってしまいました。

改めてこの記事のマニュアルに沿っていない点を見てみます。

・結論を先に書くこと
・導入文・用語の説明は不要です
・ターゲットにブレのない様にしてください

こんな感じでしょうか。

結論を書いて欲しい。

というのは大前提です。ですが納品して頂いた記事には、こちらが求めている結論がありません。これについては作成した記事を納品する前に、改めてチェックして頂きたいところです。

導入文については基本的には不要です。どうしても必要な場合はその理由を入れてから導入文を書いて下さい。

たとえば、結論を伝えるためにはどうしても、その原因を知っておく必要がある。といった場合であれば、その原因を書く必要性がありますよね。

そういった場合には、「原因を知っておく必要がある」という事をあらかじめ書いたうえで、原因を書き、続いて結論を書くという手順で書いてください。

今回の記事において導入文は

冬場や夏にエアコンのきいた部屋にいると乾燥が気になりますよね。
特に皮膚の薄い目の周りはそのままにしておくとシワになりやすいので注意が必要です。

ここらへんになるのかなとは思いますが基本的に不要な部分です。まずは結論からの記述をお願いします。

また、求めている答えが記述されていないという事でターゲットにブレが生じていると言えます。

今回のターゲットとしては大雑把に言って、かゆみとワセリンの関係を知りたい人です。ワセリンでかゆみが抑えられるかという事を知りたい人です。

たしかに痒みの原因としての乾燥については書かれていますが、かゆみについては書かれていません。

そういう点でいうと、マニュアルの

狭いキーワードを中心に記事を書くこと

から離れてしまっている記事とも言えます。

乾燥による「かゆみ」について書いて欲しかったというのがこちらの意図でした。うまく伝わらなかったとすれば、こちらとしても、もう少し上手く伝わる方法を考えないといけないという事になりますね。

ワセリンが顔の黒ずみの原因になるかどうかについてお願いした記事のケース

ヤフー知恵袋を見ていると、ワセリンを顔に塗ると顔が黒ずむ。という悩みがありました。そこで、それは本当なのか?という事を知りたくて記事の依頼をしたケースです。

納品された記事を見てみましょう。

顔がくすんだり、黒ずみができたりの症状が起きる場合があります。

それは肌のターンオーバーがうまく機能していない状態で、新しい肌の生まれ変わりができていないことがあげられます。

肌に必要なことは、汚れをしっかり落とすことと、保湿をきちんとすることにあります。

特に保湿は肌のバリア機能として様々なトラブルから肌を守るためにとても大事なことです。

様々な敵から肌を守るために、メラニン色素が過剰に分泌されてしまい、黒ずみとして残ってしまうからです。

そこで大きな保湿効果があるのがワセリンです。

夜の入浴後に化粧水で肌を整えた後に、ワセリンを薄く塗ることで美容成分や保湿成分がしっかりと肌の奥底まで浸透していきます。

それにより肌の生まれ変わり機能が正常化して、黒ずみ改善へとつながるのです。

 
こちらも先ほどの記事と同様なのですが、文章自体はとても読みやすくてわかりやすく、ためになる記事です。ですが、こちらが求めている結論がありません。

マニュアルに沿っていない部分を見てみると、

・結論を先に書くこと
・ターゲットにブレのない様にしてください

こんな感じです。

知りたいのは「ワセリンを塗ると顔が黒ずむのか」という事です。顔が黒ずむ原因一般を知りたいのではありません。

納品して頂いた記事には顔が黒ずむ原因としてターンオーバーについて書かれていました。改めて言いますが、知りたいのは「ワセリンを塗ると顔が黒ずむのか」という事です。

その点を外しているためターゲットがぶれていると言わなければいけません。

また、納品された記事の多くに言える傾向なんですが「結論を先に書いて欲しい」という点を外していることが多いです。

この記事もそうですが、結論が先に来ていません。

 
仮に、この記事を良しとする場合、この記事の結論は

そこで大きな保湿効果があるのがワセリンです

ここらへんになるでしょう。であれば、記事冒頭で結論を書くとすれば、

顔の黒ずみに有効なのは大きな保湿効果が期待できるワセリンです

といった感じになるでしょう。まずは、この部分を記事冒頭に持ってきてほしい。というのが「結論を先に書いてください」というこちらの意図です。

この場合、記事の目的は「顔の黒ずみ対策に有効なものは何か?」というものになるでしょう。こちらの意図したものとは異なりますが、結論を先に書くとすればこうなるという例です。

Shinobiライティングさんのライターさんに参考になればと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
推奨メルマガ
ハイブリッド外注システムの次のステップはこちら
プロフィール


管理人ののりまきです。

アフィリエイトとツール作成にいそしむアラフォーです。北海道在住で冬でもお風呂上がりはアイスを食べます。

冬はガンガン家の中で暖房を入れています。だから家の中では冬であろうと半袖で過ごしたりします。

そんなアラフォーが外注さんを活用したアドセンスに関する情報などを発信していきます。

よろしくお願いします。
カテゴリー
最近の投稿
Twitter