実際に納品された記事から見るケーススタディ 【2つのケース】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここでは実際に発注をして納品された記事についてポイントとなる部分を紹介していきたいと思います。

お歳暮のお返しの相場についてお願いした記事のケース

この記事はお歳暮のお返しの相場についてどれくらいが普通なのかという点について記事を書いてほしいという意図で発注した記事になります。

納品された記事はとても読みやすく内容も良かったのですが、冒頭の出だしの部分が少し残念でした。納品された記事は以下のような文章から始まっていました。

 
お歳暮とは日ごろお世話になっている方々への感謝の気持ちを込めて季節のご挨拶にと贈り物をするものです。そのため大前提としてはお返しは不要となっています。
 

記事作成マニュアルでも書きましたが、

・導入文・用語の説明は不要です

この点がマニュアルに沿っていない部分です。

お歳暮のお返しの相場について尋ねているのですから、すでにお返しをするということは決めているはずです。それに対して「お返しは不要です」というのはある意味、無意味な提案です。

お歳暮のお返しは不要だという事を言いたいのであれば、

一般的にお歳暮のお返しは不要とされていますが、

という程度で済ませておくべきかと思います。

その他の部分はとても良くて読みやすく、わかりやすい文章でした。

お歳暮のお返しをするタイミングについてお願いした記事のケース

こちらもお歳暮ですが、お歳暮のお返しをする際のタイミングに付いて書いてほしいと依頼した記事になります。まずは納品された記事をご覧ください。

お歳暮の時期になると頭を悩ますのがお返しのことです。お歳暮をもらい、もちろんもらいっぱなしは、大人としての行動とは言えません。

何かお返しとして品物を送るのなら気持ちで大丈夫です。もらったお歳暮の同額のものや、その人を思って気持ちで贈りましょう。

(中略)

タイミングは、もちろんお品をもらってから、すぐに贈る方がいいでしょう。

 
マニュアルに沿っていない点を挙げてみると、

・結論を先に書くこと
・狭いキーワードを中心に記事を書くこと
・導入文・用語の説明は不要です
・ターゲットにブレのない様にしてください

これらが挙げられます。一つずつ見ていきます。
 
【結論を先に書くこと】
まず、お歳暮のお返しをするタイミングについての記事を書いて下さいという依頼でしたが、納品された記事では最後の1行でそのタイミングについて書かれています。

まず最初に結論を書いて欲しかったという点でマニュアルに沿っていないと言えます。

【狭いキーワードを中心に記事を書くこと】
この記事を依頼する際にお願いしたキーワードは「お歳暮 お返し タイミング」でした。

となれば、狭いキーワードというと「タイミング」です。

お返しに何を選ぶかという事でもなく、いくらの物をお返しするかという事でもなく、「いつお返しをしたらよいか」というタイミングについて知りたかった内容になります。

その点もマニュアルに沿っていないと言えます。

【導入文・用語の説明は不要です、ターゲットにブレのない様にしてください】
繰り返しになりますが、書いて欲しかった内容は「お歳暮のお返しのタイミング」についてです。ですから、そこに行きつくまでの導入文は不要です。

その点に触れられているのは最後の1行ですので、それまでは導入文と考えられます。

また、知りたい内容が最後の1行だけなので、ターゲットがぶれていると言わなければいけません。

 
納品して頂いた文章自体は読みやすくて内容自体も良い記事ではありますが、残念ながらこちらの期待していた内容ではなかったという事になります。

こちらの意図が伝わる様に記事タイトルの設定なども、もう少し考えなければいけないのかもしれません。

続きはこちら

>> 実際に納品された記事から見るケーススタディ その2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
推奨メルマガ
ハイブリッド外注システムの次のステップはこちら
プロフィール


管理人ののりまきです。

アフィリエイトとツール作成にいそしむアラフォーです。北海道在住で冬でもお風呂上がりはアイスを食べます。

冬はガンガン家の中で暖房を入れています。だから家の中では冬であろうと半袖で過ごしたりします。

そんなアラフォーが外注さんを活用したアドセンスに関する情報などを発信していきます。

よろしくお願いします。
カテゴリー
最近の投稿
Twitter