サンプル記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事はクラウドワークスさんのライターさんに向けたサンプル記事になります。

キーワードは

・余った年賀状 交換 いつまで
・余った年賀状 交換 手数料
・余った年賀状の使い道

 
誰に何を伝えるのかというのは

年賀状は売り切れることが多く、足りなくなってしまうと困るので、ある程度余分に購入することが多いと思います。その結果、使わずに余ってしまう年賀状が出てきてしまうのですが、そういう場合にどうすればよいか、交換はいつまでできるのか、その手数料はどれくらいなのか。また、交換せずに使う場合はどのような使い道があるのか。ということを記事にしてください。

 
記事の着地点は、

年賀状の交換期限とその手数料、余った年賀状の使い道について読者の方が理解できる記事にしてください。

といった方向性での記事になります。

記事タイトルは、

余った年賀状の交換はいつまで可能?その手数料や余った年賀状の使い道について

といったところでしょうか。

ここからサンプル記事です。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

(導入文)

年賀状ってお正月にしか使わないものなので、年末年始だけ販売されますよね。そのため、お正月を迎えてしまうとコンビニの年賀状売り場では売り切れていて買えなかった。という経験をされた方も多いのではないでしょうか。

そういう事情もあって、年賀状は必要と思われる枚数よりも多少、多めに購入することが多いと思います。

その結果、お正月になって余った年賀状が出てきてしまうと。それを毎年繰り返しているという方も多いでしょう。

今回は、そんな余った年賀状について交換する場合には、いつまで交換が可能なのか、そしてその交換手数料はいくらなのか、また、交換しない場合に余った年賀状はどのように使うことができるか。ということについて書きました。

参考にしていただければと思います。

余った年賀状はいつまで交換ができるの?

基本的に余った年賀状は手数料を支払って、普通のはがきか切手に交換することができますが、この交換については期限はないようです。また、去年の余った年賀状を今年の年賀状に交換してもらうことはできないとのことです。

ちなみに、年賀状が余っているからといって郵便局に余った年賀状を返品(返金)するということはできません。

これは実際に郵便局に行って聞いてみたので間違っていないはずです。

やっぱり年賀状って余るじゃないですか。だから返品できないかなと思って、ダメ元で聞いてみたんですが、やっぱり駄目でした。

 
難しい問題ですよね。年賀状枚数問題って。

お正月になって思ってもみなかった人から年賀状が届いたなんてことになったら、慌てふためきますからね。コンビニに行っても既に売り切れてしまっているなんてことは結構ありますから、やっぱり多少は多めに買っておく必要があるんですよね。

悩ましいことです。

余った年賀状の交換手数料はいくら?

基本的には1枚5円で切手か通常ハガキに交換してもらえます。

特別な事情、例えば、近親者に不幸があった場合などは、その年度発行の年賀状の販売期間内であれば手数料無料で交換してもらえますが、余った年賀状を交換してもらう場合ならば、そういう事情ではありませんから手数料がかかってしまう。ということになりますね。

また、インクジェット用の年賀状を買おうとして普通の年賀状を買った場合でも、その年度発行の年賀状なら無料でインクジェット用の年賀状に交換できるそうです。

とはいえ、余った年賀状を交換したいのだから年賀状を年賀状に交換しても無意味なのですが。

結局、交換手数料としては1枚5円必要となるという結論になるわけです。この1枚5円の手数料を必要経費とみるか、もったいないとみるか微妙なところですね。

次に書きますが、余った年賀状を通常ハガキとして使う場合は10円を上乗せしないと使えません。これも厄介なところです。

余った年賀状の使い道ってどんなものがある?

年賀状とはいえハガキはハガキですから普通にハガキとして使えます。よく聞く使い方としては雑誌などの懸賞の応募に使うというものがあります。

あるいは、昔流行ったラジオ番組へのお手紙という使い方もあるかもしれません。

ここで気をつけなければいけないのが郵便料金です。通常ハガキの郵便料金が2017年6月1日を境に52円から62円に値上げされました。

その際、年賀状だけは、その価格を52円で据え置きとなったんですね。ですから、通常ハガキと年賀状では同じハガキなのに郵便料金が異なるという状況になっているわけです。

年賀状が年賀状として扱われる期間は12月15日から翌年1月7日頃までなので、その期間に年賀状として出したハガキの郵便料金は52円ということになります。

逆に、それ以外の期間、あるいはその期間でも普通郵便として出したハガキの料金は62円ということになります。

この点に注意が必要となりますね。

まとめ

この記事では、余った年賀状の交換についていつまで可能なのか、その交換手数料はどのくらいなのか、交換せずに使うとしたらどんな使い道があるのかについて書いてきました。

交換期限については通常ハガキや切手と交換するなら期限はないようです。

交換手数料も特別な事情がある場合は年賀はがきの交換は手数料無料で交換ができますが、通常ハガキや切手と交換するなら1枚5円の手数料がかかるということでした。

一方、交換手数料がもったいないという場合は、年賀はがきを通常のはがきとして使うということもできるので、懸賞に応募したりという使い方がありますね。

年賀状が余ってしまうことは仕方のないことではありますが、それなりの対処法があるということでいくつかご紹介しました。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 
ここまでがサンプル記事です。

 
 

水原咲のライティング講座

.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
推奨メルマガ
ハイブリッド外注システムの次のステップはこちら
プロフィール


管理人ののりまきです。

アフィリエイトとツール作成にいそしむアラフォーです。北海道在住で冬でもお風呂上がりはアイスを食べます。

冬はガンガン家の中で暖房を入れています。だから家の中では冬であろうと半袖で過ごしたりします。

そんなアラフォーが外注さんを活用したアドセンスに関する情報などを発信していきます。

よろしくお願いします。
カテゴリー
最近の投稿
Twitter